プラセンタ 肩こり 冷え性

プラセンタと肩こり・冷え性

肩こりとは?

肩凝りと言う言葉をよく使いますが、昔からあった表現というわけではないのです。実は肩凝りと言うのは夏目漱石の造語なのだそうです。肩凝りにもいろいろと種類がありますが、女性の中には冷え性が原因になっている場合も多いそうです。ですから、肩が凝ったりそのせいで首まで痛いと言うことも多く整体に行ったり、マッサージを受けたりとコリをほぐす努力をしますが、冷え性が原因で肩こりになっている場合その場しのぎにしかならず、根本的な改善にはなっていないようです。ではどうしたら良いか、それは肩こりにこだわる前に冷え性対策を立てる方が結局は近道ということになると言えるでしょう。

肩こりとプラセンタ

身体が冷えると身体を縮めこんだり、肩に力が入ってしまう緊張状態が続く事で血流が悪くなり、肩の筋肉に老廃物がたまり、疲労物質が排出されないため頑固な肩こりへとつながって行きます。そこで、身体の冷えを改善することで肩こりの改善にもつながっていくわけです。冷え性の改善策はいろいろとありますが、なかなか血流促進までは手が回らないというのが現実では無いでしょうか?そんな時に薬のお世話になることも多いかと思いますが、注目したいのはプラセンタです。プラセンタには他の薬などには中々含まれない成長因子が含まれ、その成長因子が色々な薬理作用を有効にさせています。プラセンタには血の流れを良くし、造血作用もあり、血管の生成も助けてくれるというすばらしい能力を持っています。しかも、炎症の抑制作用もあるので腫れや痛みも改善してくれます。

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

冷え性とプラセンタ

一般的に肩こりで病院にいくと、まれに肩の緊張を緩めるために抗うつ剤が処方されたりします。プラセンタには自律神経を整える力もありますから、自律神経が整うことで、精神的にも安定し、肩に力が入った状態を改善してくれます。冷え性の原因は血行が悪くなり、毛細血管まで温かい血が巡らない事で起こるということは、多くの人が知っている事と思いますが、自律神経バランスの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、貧血などがあげられます。冷え性の原因をただ単純に血行が悪いからと終りにせずにきちんと考えてくる必要もあります。自律神経の乱れなどが原因の場合はプラセンタを取ることで、ホルモンバランスがとれて自律神経が整うということで、冷え性が改善されます。プラセンタの持つ薬理作用は目を見張るほどの物があります。肩こりにも直接働きかけますし、冷え性にも大きな効果がありますから、肩こり解消の為にプラセンタを摂取することで、冷え性まで改善されるということは当たり前にあることですし、またその逆も大いに有りです。

 

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

TOP