更年期障害 プラセンタ

更年期障害にはホルモンバランスを調整するプラセンタが有効

ホルモンバランス調整にはプラセンタ

更年期障害は45〜55歳くらいの女性に多いと言われます。
その更年期障害の現在の治療法は現在3つに分類されています。

 

・まずはホルモン療法ですが、女性ホルモンを体外から摂ることで補うという方法ですが、飲み薬注射などありますが、現在はその副作用もリスクが高いという報告もあり、問題視されることも多いようです。次に漢方薬の服用ですが、女性ホルモンの働きを助けてくれます。長く服用することで効果が発揮されます。言い換えれば気長な治療方法だと言えるでしょう。一般的に漢方薬には副作用が無いと思っていらっしゃる方も多いそうですが、漢方薬も薬ですから、当然副作用もあります。

 

自宅で更年期障害・うつ病治療をご希望の方へ    プラセンタ100

 

副作用の心配が最も少ない更年期障害治療法

副作用の心配が最も少ないと注目されているが、プラセンタという栄養素です。プラセンタはホルモンバランスを正常化する効果があるとされています。 医療ではプラセンタによる更年期障害治療が保険適用されますので、金銭面の負担が減るかと思われます。その他、プラセンタは自律神経を整え、不安感をおさえたり鬱症状を緩和させたり、ストレスへの耐性を向上させるなど、メンタルヘルスの面からも良いとされています。更年期障害から鬱状態になる人も少なくはありませんし、鬱になることで体力落ちてしまったりすることもありますから、更年期障害かな・・・と疑う様な事があれば、必ず医師の診察を受けることが大切ですし、もし、プラセンタ療法に関心があるようでしたら、遠慮無く、医師に申し出ることをお勧めします。更年期症状は数え切れないほどの症状があります。なんだかいつもと違う、いらいらしてどうにもならない・・・等々、自分で自分の症状が理解できないときは、是非医師への相談をすべきです。プラセンタ療法を行うことで、細胞が活発化したり、精神的に落ち着きをとりもどせたり、そしてアンチエイジングにも効果があるかもしれませんね。更年期障害は気持ちも大切な病気ですから、自分で納得した治療を受けるべきだと思います。

医療療法としても幅広く活躍中    ホルモンバランス調整サプリメント

 

TOP