リフトアップマッサージ

リフトアップマッサージのやり方

26を超えるとお肌の下り坂、なんて恐ろしいことをよく聞きますよね。ちょうど超えたわたしにも変化が訪れ、リフトアップや、マッサージ、フェイシャルエステなどに興味を持ち始めています。

 

周りに大人たちが多かったので、若かりし頃から気にはかけていましたがそれでもクマができたり、肌のたるみができたり、寝跡が消えにくくなるといった症状が出始めています。今回は、自宅で簡単にできるリフトアップマッサージについてお話します。

ホットタオル式

洗顔後、濡らしたタオルをレンジでチンしたもので顔を包むようにします。

注意!

熱くなりすぎる場合がありますので、手で触れる温度にしてください。熱過ぎる、と感じたらタオルを広げパタパタと扇いでください。タオルが冷めたら、今度は水でパッティングするようにパシャパシャと火照った熱さを取り除きます。

 

この後、ご自宅で使っている化粧水、乳液などを使い、十分に保湿します。

水で冷やすと乾燥しやすいので、保湿はかならず行ってください。

化粧水を使う時は、コットンにたっぷり化粧水を含ませ、顔にパックするとより効果が現れます。

 

ツボマッサージ

ツボの場合、顔自体にもあったり、足にもあったりとやりかたも場所も様々です。

指でできるマッサージ

耳の後ろに指を当てると頭蓋骨があります。
この頭蓋骨と耳の後ろの間に、くぼみがあります。
これをグーッと上にあげるようにして5〜10秒、痛き気持ちいと感じる程度にマッサージしてみてください。

お灸でリフトアップ

まさか、と思うかもしれませんがわたしたちの身体はツボだらけなので、専門家の先生曰く、足にも手にもリフトアップのツボはあるそうです。

 

手の場合

親指と人差し指の間から、2〜3cmのところ。
小指と薬指の間から同じく2〜3cmのところ。

 

足の場合

小指の付け根部分
外側のくるぶしの真下

 

ここに、お灸をすえると良いそうです。

 

 

どうですか?どれも簡単にできそうでしょう?
是非お試しください。