プラセンタ コレステロール

あなたは『プラセンタ』という言葉を一度は耳にしたことがありませんか?
どういったイメージをお持ちでしょう?

  • 美肌効果
  • バストアップ
  • 女性らしい体付きを求める

プラセンタには様々な作用があります。そこで今回は、プラセンタとコレステロールというテーマでお送りしたいと思います。

そもそもプラセンタとは?

英語で、『胎盤』という意味です。
赤ちゃんが包まれている、あの胎盤です。

 

え?じゃぁあれがサプリメントになっているの?
というとそれは違います。サプリメントや健康食品は、ほかの栄養素や、胎盤から細胞分裂を促す成分を抽出したものです。

 

プラセンタの中にはコレステロールも含まれています。脂質が含まれているからです。逆にダイエットには悪いのでは?と思うかもしれませんがそれは違います。本来、コレステロールの悪玉も善玉も必要なものなのです。脂質というものは脳神経などにも影響を与える必須栄養素ですので、悪玉コレステロールが過度に増えた場合、体調に異変をきたすと考えてもらえればよいかと思います。

 

プラセンタの効果とは?

美容系

美白効果
たるみ、シワの改善
新陳代謝を促す作用があるため、肌の若返りを実現

医療系

ホルモンバランスを整えるのにも効果を発揮
※実際に医療現場で取り入れているところもあります。

 

鬱症状を緩和

と、様々な効果が実証されています。個人差はあると思われますが、いずれかの症状でお悩みのあなたは、プラセンタを試してみてもよいのではないでしょうか?今やインターネットショッピングでも、コンビニにもドラッグストアにもスーパーにも並ぶ人気の成分です。