羊プラセンタ 植物プラセンタ

豚プラセンタと馬プラセンタについて

羊プラセンタ

今までプラセンタというと、豚のプラセンタが主流でしたが、今羊のプラセンタも羊プラセンタとして注目を集めています。羊プラセンタの場合、羊の成育過程、羊の持つ強さなどに特に注目度が高いようです。羊プラセンタは主にニュージーランドやオーストラリア、スイスなどで育った羊から抽出されています。プラセンタに利用される羊は始めから「医療用動物として育てられていますので、生育過程が他の羊とは全く違います。羊プラセンタの中で最も人気なのはニュージーランド原産の物が人気です。その理由はニュージーランドは狂牛病が発生していない唯一の国であるという点が大きく作用しています。そして今羊プラセンタの人気が高まった理由としては、羊のプラセンタが人間の胎盤に似ていると言う点です。似ているということは、人間の身体に馴染みやすいということ、免疫反応が発生する可能性が無く、安心して使え高い効果も望めると言うことです。羊は他の動物と比べて健康的で、病気になる確率の低い動物で、癌やエイズにも抵抗力も強いと言ったことからも、プラセンタとしてとても優秀な素材です。

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

植物プラセンタ

プラセンタには副作用もありますから、その点が安心出来ると言うことは大事な要素を持っていると言えます。植物性プラセンタにもそれは言えることです。植物性プラセンタは大豆のイソフラボンや植物エキスのアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富で美容効果が期待されますし、何より植物性ということで、肌への刺激が少ないことも良い点です。ですが、本来のプラセンタに寄せる期待である、アンチエイジングや美白効果は認められていません。使い手にとって免疫に関する問題や副作用、刺激があると言うことは非常に厳しい事です。美白やアンチエイジングだけで無くとも美容効果を期待する以上、肌につける場合慎重にならざるを得ませんが、安心して使えると言うことは本当に大切な要素と言えるでしょう。そういった意味では植物性プラセンタと同じように安心して使うことができ、なおかつ美白、アンチエイジングを促す役割である成長因子が含まれているという点で、羊プラセンタがどれほど優秀であるかわかります。その他、羊プラセンタの優秀な点は、肌への浸透力の良さ、効果が出やすいと言う点と、とくに女性の気になるほうれい線の改善、シミ、シワ、たるみなど年齢肌と呼ばれる分野への効果が期待される点ではないでしょうか。

 

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

TOP