プラセンタ 栄養

プラセンタの含む栄養素

プラセンタが含む栄養素

プラセンタとは英語で胎盤を意味しています。胎盤はヒトを含めたほ乳類の出産には欠かせない物だと言うことは当たり前の事ですが、その胎盤には驚くほどの栄養素が凝縮され含まれています。含まれている栄養素としてはタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸などその種類は多岐にわたります。胎盤は胎児に栄養を運ぶと言う役割が有ると言うことは、当然胎児の成長に大きく関わっていると言うことです。1つの受精卵が10ヶ月で一人の人間になるのですから、その成長のスピードは非常に速いと言えます。心臓や肝臓をはじめとする各種臓器まで作り上げるわけですから。その成長の促す成長因子も胎盤が作っています。この成長因子が細胞分裂を促し新陳代謝を盛んにしているからこそ、成長スピードが速まる訳です。そういった高い栄養素や成長因子が含まれる胎盤をヒト以外のほ乳類は出産後、自らの胎盤を食べて産後の体力回復などに役立てています。胎盤を産後破棄するのはヒトだけです。

プラセンタの種類

その胎盤に着目し、医療、美容などに役立てる物をした物質を一般的にプラセンタと呼ぶ様になりました。一口にプラセンタと言いましても動物性のもの、植物性のもの、海洋性のものなどがあります。当然ですがそれぞれの特徴や持つ栄養素は大きく異なります。動物性のものは主に豚、馬、羊の胎盤から抽出されます。植物性の物は種に含まれる胎座と呼ばれる物から抽出された物です。プラセンタは胎盤いう意味ですから、動物性の物とは言葉は同じでも含まれる栄養素は大きく違います。決定的な違いとしては植物性のプラセンタには細胞を増殖させる成長因子が含まれていないということです。海洋性プラセンタはマリンプラセンタとも呼ばれます。原材料は鮭の卵巣膜だけです。卵を産む鮭には胎盤(プラセンタ)はありませんが、胎盤と同じような働きをする卵を守り育てる卵巣膜という栄養成分豊富なものです。動物性プラセンタには無い栄養素もありますが、プラセンタとしての重要な成分の成長因子は植物性プラセンタと同じく含まれていません。注意したいのは魚アレルギーがある人にはアレルギー反応が出る可能性があります。

 

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

高濃度プラセンタ/TOP