プラセンタ 医療

プラセンタは医療の関係

プラセンタでC型肝炎、肝硬変、更年期障害、鬱病、膝の痛み、下肢動脈瘤の改善、アトピー性皮膚炎治療

プラセンタと医療とは切っても切り離せない関係にあります。今は美容方面で注目を浴びていますが、元々は医学療法として取り入れられていました。プラセンタを使っての治療は高い効果が望める治療法です。多少の副作用があるとは言え、重篤な副作用を認めたことは無く、身体に優しい治療法なのですが、残念なことにあまり普及していません。プラセンタによる治療が可能な病気としては、C型肝炎、肝硬変、更年期障害、鬱病、膝の痛み、下肢動脈瘤の改善、アトピー性皮膚炎など多岐にわたります。中でも、肝硬変に関しては唯一の医薬品として厚生労働省に認可されています。更年期障害の治療薬としても医療の保険適応となっています。

プラセンタでホルモンバランス調整

なぜこのように多岐に渡っての病気に対して有効かというと、プラセンタの持つ特徴にあります。プラセンタのもつ治療としての特徴は、ホルモンバランスを整える、代謝機能の促進、自律神経の整える、ストレス耐性を高める、多種の免疫抑制物質を持っている、そして一番の特徴として成長因子を持っているということです。ホルモンバランスを整えることで、更年期障害、自律神経失調症の改善が認められます。自律神経を整えることで、不安感が押さえられることで鬱症状を柔らげることが期待出来ます。ストレス耐性が向上することでも精神的衛生に良い。代謝機能が促進されることで、体力アップなどが期待出来ます。そのほかプラセンタには細胞活性化作用・抗炎症作用・血行促進作用があるため膝の痛み、肩こりにも効果が認められています。胎盤は人間の成長に無くてはならない栄養素を多く含んでいるわけですから、いろんな疾患に対して有効と言うことになると言えるのでしょう。

 

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

TOP