アレルギー プラセンタ

アトピー・花粉症などのアレルギーとプラセンタ

アレルギーとプラセンタ

 

最近美容方面での注目度の高いプラセンタですが、実はプラセンタの効力は美容面にだけにとどまりません。近年はアトピー皮膚炎や花粉症に苦しむ人も増えてきました。どちらもアレルギーによる物です。プラセンタには免疫機能を向上させてくれる働きがありますから、アレルギーに対し大きな効果が期待されます。

アトピーとプラセンタ

アレルギーの症状はアレルギー反応だけが原因とは言えません。もちろんアレルギー反応も原因になりますが、その他心理的な要素や環境汚染、細菌やウィルス感染も原因になります。特にアトピー性皮膚炎は環境によるところが多く、先進国ほど患者が多いと言われています。アトピー性皮膚炎の治療としては肌を清潔に保つこと、肌を乾燥を防ぐこと、抗アレルギー剤の内服、原因が食物にあるとわかっている場合はその食べ物の除去、特に痒い場所へのステロイド軟膏塗布など有りますが、ステロイド剤の使用は慎重にしなければなりません。ステロイド剤を長く使用し続けていると、皮膚の繊維芽細胞が破壊されて皮膚が薄くなり、湿疹ができて状態がかえって悪化したり、皮膚が黒ずんだりといった副作用が出てきます。プラセンタには線雑芽細胞増殖因子がありますし、上皮細胞増殖因子も持っていますから、かゆみを抑える事も可能ですし、ステロイド剤による副作用を軽くすることも出来ます。ただ、誰にでも適応出来るとは限りませんから、医師と相談の上進めるのが好ましいでしょう。

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

花粉症とプラセンタ

花粉症も一つのアレルギー症状です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみが大きな症状です。治療法もアトピーと似ている部分が多く、抗ヒスタミン薬の投与が治療の軸となっている様です。局所的なステロイド剤の投与などありますが、やはり副作用が気になるところです。プラセンタには免疫機能を正常にして抵抗力を高めて炎症を抑えてくれる力があります。もう一つ体質改善を促す作用もありますから、アトピー性皮膚炎にしても花粉症にしても長い目でみて体質改善を図るのも良いでしょうし、花粉症の場合はその季節にプラセンタを摂取する事です。どちらにしても医師と相談の上に進めるのが良いかもしれませんね。アトピー性皮膚炎も花粉症も不治の病ではありませんから、ぜひ克服したいものですね。

 

 高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

TOP