30代 プラセンタ

30代女性の健康の悩み

ストレス社会でプレ更年期30代女性続出

0代から更年期障害?

以前は更年期障害といえば、40代後半から50代半ばを指すことが多かったようですが、最近は本格的な更年期障害の始まる年齢の10年前、だいたい30代後半から起こる、女性ならではの身体の変調をプレ更年期と言うようになりました。疲れがとれない、いつもだるい、肩こりがひどい、身体が冷えるなどの症状が多いようです。原因は様々有るでしょうけれど、主な原因は女性ホルモンバランスの崩れなどが多いようです。ホルモンバランスが崩れますと、肌荒れなどの原因にもなりますし、自律神経が不安定にもなってしまいます。

「内面美」アンチエイジングのキーワード高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

更年期障害の目安とは?

ホルモンバランスの目安の一つとして、生理に変調があるかどうかが有ります。周期が変わる、量が変わるなど、女性ならではの心当たりという物でもはかれると思います。女性ホルモンというのは普段の生活では気づくことはありませんが、バランスが崩れるとハッキリと体調に現れるものです。女性ホルモンは自分自身が気づかないところで、バリアの様に外敵から女性としての健康を守ってくれているものなのです。女性ホルモンが減少したから、女性ホルモンのありがたさを知ったという人も少なくはないでしょう。問題はホルモンバランスが崩れていたらどうするか、ですよね。

女性ホルモン調整方法とは?

乱れた女性ホルモンを元に戻す方法はいろいろとあります。睡眠不足にならないようにする。とか、一日一回は息が切れる様な運動をする、食事に気をつける等々、本当に様々ありますが、もっとも有効なのはプラセンタです。詳しくは「プラセンタとは?」へどうぞ。あと、忘れてはならないのは女性ホルモンと脳の関係です。女性ホルモンは脳の視床下部から分泌されます。そして、その視床下部は情動をつかさどる場所でもあるのです。ですから、まずはよく笑う、楽しみを見つけて没頭できる時間を持つ、心からリラックスできる時間を作るなど、ストレスを無くし自分自身に優しくすることから始めるのが一番では良いのではないでしょうか。

 

美容と健康をサポート/医療機関にも採用される信頼性高濃度プラセンタ100トライアル(50粒)

 

 

TOP