プラセンタ

プラセンタ/胎盤について

プラセンタとは英語で胎盤を意味しますが、美容関係で言われるプラセンタとは意味が異なります。元々プラセンタは胎盤に含まれる細胞分裂を促す成長因子(グロース・ファクター)や、その他の栄養素のことを言います。ですから、美容や健康面で言われるプラセンタとは胎盤からの抽出物を指します。
プラセンタは新しい細胞を作り出す能力に非常に優れています。一個の受精卵が一人の人間を作り出すことに関わる物質ですから、その力は計り知れない物があると思われます。そういった、細胞分裂や成長を助ける物質を美容や医療に取り入れたものを一般的にプラセンタと呼ぶようになったようです。胎盤と言われるとつい人の胎盤を想像しがちですが、今一般的に広まっているプラセンタは豚の胎盤から抽出した物です。
その他のほ乳類の胎盤もあります。意外なところでは、植物の種に含まれる胎座などから作られた、植物性のプラセンタもありますが、一般に言われる成長因子(グロース・ファクター)は含まれていません。プラセンタはまだまだ研究段階にありますが、現在わかっている事柄だけでも多くの、効能を持つことがわかっているます。今後どのような形で生活などに関わってくるか大変興味深い物があるようです。
美容だけでなく、医学的にも期待の多い物質であることは間違いありません。美容面・健康面でのプラセンタの原料は胎盤から主に豚の胎盤から作られています。豚とはいえ胎盤は人工的に作られるものではありませんから、プラセンタ自体大変貴重で、高価な物であることに間違いありません。プラセンタの効能としては美容面では美白・シワ、たるみの改善。健康面では、血行促進・ホルモンバランス調整・アレルギー緩和作用などが真っ先にあげられますし、医療面では、肝臓病や婦人病の注射や薬として認可された物もあります。プラセンタは大変期待できるものですが、きちんと使用目的をハッキリさせてから、購入しなければ意味がありません。

  美と健康をサポートするR&Yコスメティクス・サプリメント

 

TOP

 

 

概要
プラセンタの原料となるほ乳類は今まで豚が主流でした。豚という動物は、人間との相性の良い動物といった点からも多く使用されています。ただ、豚は飼育される時、1カ所で多くの仲間と共に飼育されますから、感染症にかかりやすく、その感染を防ぐのにワクチンや抗生物質を大量に投与されて飼育されるという欠点があります。しかし最近の研究により馬のプラセンタの方が有効成分が多く、効果も高いと言うことがわかりました。その違いとして、豚プラセンタに比べ馬プラセンタはアミノ酸の含有量が296倍あるといわれていますし、豚プラセンタにはない必須アミノ酸が6種類も含まれていることがわかりました。その他、ビタミン、ミネラル、活性ペプチオなど人間の細胞の活性化、修復を促してくれると言う面で、豚プラセンタに比べかなり高い効果が期待出来るようです。その理由は簡単なお話です。一度の出産に豚は10頭ちかく生まれますから、その胎盤は薄い膜の様な物ですが、馬の場合は一頭ですから人と同じ臓器と同じと考えられ、豚と比べて、その濃度が全く違いうという点からも、、馬プラセンタの方が勝っていると理解出来ると思います。しかも馬プラセンタの場合、サラブレッドの物を使用していますから、その点でも効果のほどを想像するに易いと思います。サラブレッドといえば、血統もありますが、生まれてからの管理が徹底されています。栄養管理をすることで、余分な脂肪も落とされていますし、いかに速く走るかを追求された馬で、普通の馬に比べて毛並みの色つや、しなやかな足などどれほどの訓練と手をかけて育てられたか一目瞭然の美しい馬です。馬プラセンタの場合はそのサラブレッドの胎盤を使われる訳ですし、もともと馬は豚に比べても病気になりにくい動物ですから、その点でも非常に安心です。豚プラセンタに比べて馬プラセンタは品質、安全性、栄養価などが高く、それだけに希少価値なのです。